両者の違いとは何か

債権回収の際には弁護士とサービサーを頼りにする事ができます。しかしどちらもまったく同じという訳ではなく、両者にはきちんとした違いがあります。その違いを知っておかないと、依頼をしても引き受けてもらえなかったり、余計なトラブルの原因となる危険がありますので、どういった違いがあるのかを知っておきましょう。では、いったい弁護士とサービサーでは債権回収においてどのような違いがあるのでしょうか。

まず最初に挙げられる違いとして、取り扱う事ができる債権に違いがあります。弁護士は債権の種類を問わず、あらゆる債権の回収業務を行う事ができますが、サービサーが取り扱えるのは特定金銭債権と呼ばれる債権に限定されています。特定金銭債権とは銀行などの金融機関の債権や、クレジットカードなどの債権を指しています。これ以外の債権はサービサーでは取り扱う事ができませんから、自分が回収しようとしている債権がどういったものなのかを知っておきましょう。

もうひとつの違いとしては、回収にかかる費用計算に違いがあります。弁護士の場合は報酬を回収した債権の金額に応じて割合を支払う事になりますが、サービサーでは債権をあらかじめ買い取るという形になっています。サービサーでは債権の満額よりも少し低い金額で債権を買い取り、その後に債権の回収を行います。


債権回収と弁護士

債権回収は個人事業主や経営者は知っておかなければいけない知識で、どのように債権回収を行うのか、債権回収で気を付けなければいけないポイントはなんなのかなどを知らないと債権回収で大きなトラブルの原因となってしまうでしょう。そうならないためにも、債権回収について弁護士に相談する事やサービサーなどについて、さまざまな知識を知っておくと良いです。債権回収は貸したお金を回収する事を指していますから、場合によっては訴訟など法的手段をとる必要もあり、その際に弁護士という法律のプロを頼るという事は決して悪い手段ではありません。またサービサーと呼ばれる債権回収の代行を行う企業もありますから、それらについて知っておくといざという時に重宝するでしょう。

債権回収をする際には弁護士に相談をする方法もありますが、サービサーを頼るという手段も存在します。ですが弁護士とサービサーでは債権回収においてどのような違いがあるのかを知っておかないと、どちらを頼ればいいのかどうか判断がしにくくなってしまいます。両者の違いをきちんと把握し、その上でどちらを選べば良いのかを知っておく事が債権回収で弁護士やサービサーを頼る時には重要となります。弁護士んもサービサーも債権回収では頼りになる味方ですが、その違いなどを知っておくと自分の状況に合わせてどちらを頼るべきかを考える事ができます。

当サイトではサービサーと弁護士の債権回収の違い、その選び方などについて簡単な解説をしていきます。これから債権回収を行う必要があるという方や、債権回収のトラブルで困っているという人の手助けとなれば幸いです。


選ぶ時のポイントとは

債権回収をサービサーや弁護士に依頼する場合、まずどの弁護士やサービサーに依頼するのかを選ばなくてはいけません。まず弁護士を選ぶ時に気を付けておきたいポイントとしては、やはりどのくらいの実績があるのかという点です。債権回収を多く扱っている弁護士ならば交渉なども慣れているのでスムーズな回収を期待する事ができますし、失敗などの心配も少なくなります。弁護士にも得意不得意がありますから、なるべく実績を多く持っている弁護士を選んだ方が良いとされています。

サービサーを選ぶ時には、必要となる費用などに注目すると良いでしょう。サービサーはそれぞれの会社ごとに、回収の見込みなどを含めて買い取りする金額を決める事になります。基本的に債権の満額と同額になる事はありませんから、なるべく満額に近い金額を支払ってくれるサービサーを選ぶようにしましょう。また、こちらも実績があるかどうかに注目しておくとより安心して債権回収を任せる事ができるでしょう。

弁護士とサービサーの選び方としては、特に実績に注目して選ぶようにすると良いでしょう。実績があればスムーズな回収が期待できますし、手続きなどで手間取るという事はありません。実績があるのかどうか、そして費用がどのくらいかかるのかという点に注目してより良い条件の弁護士やサービサーを選ぶようにしましょう。